お薦め

秋の毛穴対策

夏はお肌にダメージを受けやすい季節です。
高温のために皮脂量が増えるため、毛穴が開いたりつまったりします。

強い紫外線を浴びるために肌の細胞が傷つけられ、
ターンオーバーと呼ばれる肌の新陳代謝の機能が悪くなり、肌がくすんでみえたりシミやしわができたりします。

また冷房の利いた室内と外気との温度差で乾燥が進み、
冷たいものをとりすぎて胃腸の消化機能が低下して肌に栄養が上手く行き渡らないこともあります。
夏に受けたダメージは早めにケアをしなければ、肌の老化に繋がります。
さらに秋になると汗をかきにくい上に空気が乾燥してしまうので、肌トラブルが加速してしまうのです。

秋の次は一番乾燥する季節である冬がきます。
冬の乾燥した空気は傷ついた肌に大きなダメージを与えますので、
肌の老化を防ぐためには秋の肌ケアが重要になってきます。
秋の肌は皮脂の量低下や空気が乾燥するため、水分量が少なくなっています。

ですので、肌の水分量を保つことが大切になります。
保湿剤の含まれている化粧水も効果はあるのですが、
私たち人の体は天然の保湿成分を持っています。
保湿剤は酸化して肌を傷つけるおそれもありますし、
それにばかり頼ると保湿剤が手放せなくなってしまうこともありますので、
この天然の保湿成分を利用するのが一番だと思います。

肌を健康な状態にするには、まず洗顔で汚れを取り除かなければいけません。
化粧品や日焼け止めの粉末は細かく皮膚に残りやすいうえ、
夏は汗をかくために他の季節よりも多く化粧直しなどをしますので、きちんと洗い流す必要があります。

弱アルカリ性の洗顔料は洗浄力に優れていますので皮脂量の多い夏にはおすすめですが、
肌を傷めやすい側面も持っているので注意してください。
天然保水性分は肌の角質層にありますので、肌を擦るなどしてダメージを与えないようにしましょう。

また、この天然保水性分は生活習慣やストレスなどにも大きく左右されますので、
健康的な生活習慣を身につけるのも重要です。